31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_s

爪水虫とは、白癬菌というカビの一種が爪の内部まで浸食していることが原因で発症する水虫の一種です。

多くは足水虫を放置していて、白癬菌が爪の内部まで入って行ってしまっている状況です。

白癬菌は人間の皮膚や爪のタンパク質「ケラチン」が大好物なので放って置くと爪の内部までいってしまうのです。

爪の内部まで白癬菌に浸食された爪水虫は、白癬菌の基地を作ってしまったようなものなので、足水虫を完治させても、爪の基地から白癬菌がまた出てきて足水虫が再発するケースもあります。

また白癬菌は感染するので、治療をしないと家族にもうつしてしまうので早期治療が必要です。

あなた自身も白癬菌を生み出したのではなく「誰かからもらった」状態なので、感染させないよう治療に励みましょう。

白癬菌の特徴

白癬菌は、高温多湿が好きで、15℃~20℃で湿度70%以上を好みます。

なので、家族と同じバスマットやスリッパを使用するのはやめましょう。

また梅雨の時期から夏にかけては白癬菌が活発に活動しいているので注意が必要です。

現在、爪水虫は日本人の10人に1人は感染している病気なので、「水虫」って響きだと恥ずかしく思う人も多いと思いますが、まずは認めて治療をすることが大切です。

水虫って響きは男性、サラリーマンが多いイメージですが実際は女性も非常に多く感染しています。

また、ハイヒールを履いていると指と指の間がなくなりますので白癬菌の心地よい環境になってしまいますし、冬でもブーツの中は白癬菌の格好の的です。

女性の場合、フットネイルなどもしたり、サンダルを履いたりすることが多いので男性よりも爪水虫への自覚症状が多いってこともあると思いますが、女性も非常に多くかかっている状況なので完治するまで治療を続けましょう。

爪水虫の5つの治療方法とメリットとデメリット

1.履物に気を付ける

同じ靴を毎日履いているのも危険です。理想としては3足を履きまわすってことがおすすめです。

また、足の指と指が離れている状況が望ましいので、靴を履いている時以外は5本指ソックスを履いたり、ペデキュア用の指を広げるものをはめたりしているのがおすすめです。

また、社内などで許されるのであれば、通気性の良い履物に履き替えるようにして、生活の中でなるべく足を乾燥させるようにしましょう。

2.40℃以上の足湯

白癬菌は、15℃~20℃の環境で活発な活動を行います。

逆にこれ以下の温度だと活動を停止して、40℃以上の温度で死滅することがあります。

でも、これで完治するってことはなく、何名かは足湯を毎日続けることにより症状が落ち着いた(完治ではない)って方々がいました。

白癬菌が完全に死滅している状況ではないのでしょうけれども、症状が一時的に収まるって声がありますので、足湯を取り入れた生活もおすすめです。

また、ドライヤーなどで足を乾かしても、高温であり乾燥するので白癬菌対策に有効だと思いますが、水虫の皮膚の状態もあるので、おすすめはできないのですが白癬菌に対しては有効な可能性が高いです。

また、ここまでに挙げた方法はあくまで「ケアレベル」であり、完治に向けて治療ではありません。

自然治癒では爪水虫は完治しないのです。

理由としては、白癬菌は皮膚の角質層まで浸食するので白血球が到達できない場所ってことと、白癬菌が増殖するスピードは、細胞が新陳代謝をするスピードより速いってことが挙げられます。

こういったことから、爪水虫については薬での治療で治すしかありません。

3.飲み薬

爪水虫を完治させるために一番「効果的」なのは飲み薬です。ただ「副作用」があります。

飲み薬の場合、身体の内部から白癬菌を死滅させます。ただそれだけ殺菌力の強い薬(ラミシールやイトリゾール)なので肝炎や肝機能障害といった副作用があります。それ以外にも吐き気、動機、胃の不快感、じんましん、かゆみ、発疹、血液成分の減少、下痢などもあります。

また、肝臓が正常でない方や妊娠中の方にはそもそも処方すらされません。

それ以外の方も初診で必ず血液検査が必要となり、場合によっては診察の度に注射ってことになります。

爪水虫の治療方法はどれをとっても、半年から1年かかりますので、通院しながらこれを続けるのは効果がってもデメリットのが多く感じますね。

またお酒を飲んだりすると、飲み薬の効果が激減するので身体に負担を掛けているだけの状態にもなりかねます。

4.塗り薬

塗り薬の場合は、飲み薬と違い内部ではなく外部から白癬菌を殺菌する方法です。

デメリットとしては、内部からの殺菌ではないので、爪から浸透しづらいところが挙げられます。

しかし、最近の塗り薬は浸透力が上がってきているので、塗り薬で治っている声も多くありますし、なにより自宅で治療できるので、継続力が必要となる爪水虫治療にはおすすめです。

爪の表面には「親油性(しんゆせい)」の膜があり、油になじみやすいのです。なのでオイルに有効成分を含ませた塗り薬など効果的です。

5.レーザー治療

レーザー治療も副作用はなく外部からの治療になりますが効果もあります。

ただ、やはり通院ってことは必要になるので面倒ではあるのと、なによりレーザー治療は日本で認可されていないので自費での治療になるってことが、経済的な負担としてみてネックです。

病院により費用が変わってくるので、調べるのも大変そうです。

爪水虫の5つの治療法まとめ

総合してメリットとデメリットを考えると、まず無理のない範囲で「1」と「2」はすぐに実行する。

これは家ですぐにできることなのですぐに始めましょう。

ただ「1」と「2」だけでは完治はしないので、薬での治療が必要です。

症状にもよりますが、爪水虫の治療には長期的な目線が必要なので「4」の塗り薬ですぐに治療を初めて、状況を見ていくってことがメリットとデメリットを総合的に見て良いと思います。

ただ、その場合は選ぶ薬は浸透力があり、結果もちゃんと出ているものがおすすめです。

爪水虫を薬で治す」ってことについて詳しくはこちらを見てみてください!